magaraの雑文

アクセスカウンタ

zoom RSS 秩父行きツーリング

<<   作成日時 : 2006/10/31 13:26  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

更新間隔が非常に長引いている今日この頃です。
久々にネタを作りましたので、レポートします。秩父市に行ってきました。

秩父市は、自宅から70km程度の距離です。チャリ探訪 正丸峠とほぼ同じルートを使い、山伏峠を越え、正丸峠の入り口から正丸峠に向かわず、R299に合流して秩父市まで下ります。

秩父市なら、一日でただ行って帰ってくる事は出来ます。R140を使って、山梨の塩山へ向かう事も出来たでしょう。でも、ただ山を走っているだけでは、最近なんだか詰まらないと思うようになりまして(笑)、最初から秩父に宿を取って、時間に余裕を持って少し観光的にツーリングしてみようと考えました。

山伏峠までは以前のルートと同じですが、久々なので結構楽しく走れました。「チャリ探訪 正丸峠」では、山伏峠に上るのに途中で二回も休憩してヒーヒー言っていたようですが、今回は別段休憩を取る必要はありませんでした。山伏峠から、正丸トンネルの秩父側出口へ下り、あとは秩父市街まで下りでした。山伏峠から秩父市街まで十数kmをじりじり下ります。「帰りは登るのね。イヤーン。」と思いつつ、秩父市に到着。秩父市で少々観光の真似事をして、取っていたビジネスホテルにチェックインし、一泊。翌日は時間の余裕が無かったので、朝に出発して、午前中に自宅に戻りました。

今後もこういった泊まりツーリングをやろうかと。輪行もアリで考えてみます。

山伏峠
画像


秩父市へ R299
画像


パンダ氏よ、この駐車場を覚えているか? R299 秩父市街手前
画像


秩父鉄道 秩父駅
画像


秩父駅周辺で食事 既にくつろぎモードです。
画像


秩父神社
画像

画像

画像

画像


秩父ハーブ橋
画像


秩父ハーブ橋から眺める秩父市街 秩父駅に向いてます
画像


上の画像から少し左に向きました
画像


上の画像の山、こんな感じで削られてます。
画像


更に左に向きました。山梨の塩山に向かうには、もう一度山越えです。
画像


こんなものを買って、夕食後に飲んでました。
画像


翌日の帰路 山伏峠 霧でウェットでしたので下りはあまり楽しめませんでしたが。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
よーやく更新したか。約1年前も「新ネタが思いつかない」とか何とか書いてたな。この時期はきっと、愛しいチャリとも倦怠期なのよ(笑)。
それこそ、新ネタ作りに次の土日は幕張メッセでも行ってみれば、暇なら。
ナベトシ
2006/10/31 20:58
そういや、「秩父セメント」っていうプロレス技があったよな。どういう技なのか知らんが、なぜ「秩父セメント」というネーミングなんだろう?エース氏の解説を待つとしよう。
ナベトシ
2006/10/31 21:08
→ナベ氏
だってさ、企画もないのにただ同じところに行ったって、記事にならんだろ。
今年は、ウェアなどの装備も新たに買うわけでもないし。ああ近いうちに冬用タイツ買いますわ。
次回は江ノ島、鎌倉行きを考えている。鎌倉で宿泊だな。境川CRはなんだか怪しげなので、FR900で行った方がいいかも。山も無いしな。
magara
2006/10/31 22:48
チャリ用のタイツ系ウェアってさ、上下揃えて着ると「モジモジ君」みたいだと思わんか?あんな姿でロード乗ってたら、変質者に絶対間違われるよなー。さて、それはともかく次の土日のメッセは、サイクルモードインターナショナル2006が開催される。そして17〜19の3日間は、東京ビッグサイトで東京国際自転車展が開催される。どちらも試乗イベント有り。主催者が異なるとは言え、同月2回開催とはさすが首都よのぉ〜。
ナベトシ
2006/10/31 23:38
>パンダ氏よ、この駐車場を覚えているか?
おお懐かしい。この先少し行ったところで事故ったのだ(泣。また徘徊したいね。
パンダX
2006/11/03 11:53
そういえばナベ氏に話を振られていたのを思い出した。「秩父セメント」というのは、ノアの田上明の得意技「オレが田上」の仮称であった。当初、三沢の「エメラルド・フロウジョン」に対抗して「エメラルド・フロート」という名前にしようとしたが、三沢に「喫茶店のメニューかよ」と咎められ、さらに「あんな技は『秩父セメント』だ」と言われたたため、それをそのまま技名にした(秩父は田上の出身地である)。その後、技名を正式に「オレが田上」にして、現在まで使い続けている。
相手の前面からブレーン・バスターの体勢で持ち上げるタイプと、相手の背後からバックドロップの体勢で抱え上げるタイプの二通りがあるが、どちらにしても最後は自身の手(主に利き手である右手)で相手の咽を押さえて後頭部からマットに叩き付ける「喉輪落とし」になる。相手は後頭部から落ちるため受け身を取ることができない、はずだ。
エース
2006/11/09 13:50
↑さすがだ、エース。見事なコメントであります。
ナベトシ
2006/11/10 01:08
秩父行きツーリング magaraの雑文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる